スポンサーリンク
無料アロマレッスン:アロマレッスン:アロマの基本:aromatherapy専門店ふくます





起動しない場合は
aromatherapy_fukumasu☆hotmail.co.jp
まで(☆を@に変えてください)

----------------

精油(エッセンシャルオイル)の
【使用時の注意】

直接肌につけない
飲まない
●目に入らないように注意
3歳未満の乳幼児には
 芳香浴のみOK

●異常を感じたら使用中止
●火気厳禁

【使用期限】
●柑橘系は開封後6カ月
●柑橘系以外は開封後1年

【保管方法】
●高温多湿、直射日光を避ける

スポンサーリンク



コロナで自宅にいる間、わたしに出来ることは?と、無料アロマレッスンの頁を設けました。
アロマテラピーの基本レッスンは、こちら→★

アロマで癒されながら、楽しんでいただけたら嬉しいです。
大人もお子様も楽しめます。

●【練るだけアロマ石鹸】 →★
●【混ぜるだけアロマ香り袋】 →★
●【無水エタノール、精製水の代用品でアロマルームスプレー作成】 →★
●【イソジンの代用品に うがい用ハーブチンキ作成】 →★

------------------------------
(1)https://www.fukumasu.net のアロマの基本レッスン
(2)ブログ記事(アロマの内容)2016年4月〜、〜2016年3月まではこちら
(3)facebookの記事
で、だいたいのアロマの知識が無料で身に付くようになっています


【混ぜるだけアロマ香り袋】

材料、基本工程 →★
使った精油とブレンド比率 →★

【材料、基本工程】


重曹と精油を使ったアロマ香り袋

もう、めっちゃ簡単です!
材料を混ぜるだけ!
時間も あまりかからないし、精油の香りで癒されます。
重曹そのものに、消臭作用と除湿作用があるので、タンスやクローゼットなどにピッタリ!

袋へ完成品を入れる時さえ注意すれば、手や作業場所を汚すこともありません
→ 心配な場合は、予め新聞紙など要らない紙を敷いて、その上で作業しましょう。

-----------------------
【材料】

重曹
紙コップとスプーン
不織布お茶袋;香り袋1つに対して2枚
外袋:不織布の袋、または布袋
※なくても構いません。
 外袋なしの場合、不織布お茶袋を香り袋1つに対して3〜4枚用意※

使いたい精油(使用期限内のもの)

重曹、紙コップ、不織布お茶袋、外袋は、100円ショップで購入しました。
スプーンは、コンビニなどでもらう物を使いました。

-----------------------
【基本工程】


(1)紙コップに香り袋1つに対してスプーン2杯位の量の重曹を入れる
スプーンはティースプーンサイズを使っています。


(2)お好みの精油を垂らして、よく混ぜる
※数種類使う場合、1種類垂らしたら混ぜるを繰り返す※
※精油の量は1袋10〜20滴を目安にしてください※


(3)不織布のお茶袋を用意し、その中に精油を混ぜた重曹を入れる

重曹を入れ終わったお茶袋

(4)重曹入りの不織布のお茶袋を閉じ、新しいお茶袋に重曹入りの袋を入れて閉じる

→ 重曹が袋から出ないように、袋を二重にしています。

二重になったお茶袋

(5)二重になった重曹入りお茶袋を外袋に入れて、完成!

※外袋は、なくても構いません。
 外袋なしの場合、不織布お茶袋を香り袋1つに対して3〜4枚用意※
※外側のみ不織布で内側がビニールの物は、この香り袋に使えないので注意※


香りがしなくなったら、中の袋を作り直してください。

-----------------------
Q:精油の香り袋を使う際、注意することはありますか?
A:香り袋が洋服や塗料剤などにつかないようにしてください。
染み出た精油が洋服に着いたらシミに塗料剤に着いたら塗料剤がハゲてしまうことがあります。

Q:タンスの引き出しではなく、クローゼットなどの大き目の物に使う場合は、袋の数を増やせばよいですか?
A:袋の数を増やしても構いませんし、200mlサイズ紙コップに重曹の量を増やして入れ、 精油を混ぜ、不織布か布で紙コップを蓋をして、その紙コップごと置くのもオススメです。

Q:靴の中の湿気取り商品の代わりに使えますか?
A:個人的には靴の中に香り袋を入れるのはオススメしません
靴の中敷きや靴自体を劣化させてしまう可能性があるからです。



This article was written by aromatrherapy専門店ふくます( https://www.fukumasu.net )
無料アロマレッスンTOPへ戻る

スポンサーリンク


【混ぜるだけアロマ香り袋】

材料、基本工程 →★
使った精油とブレンド比率 →★

【使った精油とブレンド比率】

今回は主人用のタンスに使うことが目的だったため、甘い香りは使用しませんでした。

各精油の作用は、こちら →★(簡易版)

【香り袋4個分】
レモン40滴


ティートゥリー20滴


グレープフルーツ20滴


1個分;レモン 10滴、ティートゥリー5滴、グレープフルーツ5滴

このブレンドの香りは「若干の苦味がある爽やかな香り」です。

ティートゥリーには抗真菌作用があり、真菌はカビのことを指すので、洋服のカビ除けにもオススメ。
ジメジメした梅雨にもピッタリの精油です。

※完成した香り袋は、洋服や塗料剤などにつかないよう注意が必要※
染み出た精油が洋服に着いたらシミに、塗料剤に着いたら塗料剤がハゲてしまうことがあります。

-----------------------
【香り袋を作ろうと思った経緯と使った結果】
<経緯>
主人の洋服を入れているタンスの引き出しを開けたら、なーんか変なニオイがしました。
臭くはないのですが、なんか変。
それで精油と重曹を使って香り袋を作ることにしました。

<使った結果>
今回のサイズの袋を各引き出しに入れました。
香り袋が完成したのが16時頃、その後タンスの引き出しにセットしました。

作成後1日目:ニオイ > 香り袋の香り
作成後2日目:ニオイはどこ? < 香り袋の香り


と思った以上に良い結果となり満足しています。


【後日談】
主人用に作った香り袋が良かったので、自分用も作成。
自分用はグレープフルーツをベルガモットに変えました。
「若干の甘さがある爽やかな香り」で気に入っています。


This article was written by aromatrherapy専門店ふくます( https://www.fukumasu.net )
無料アロマレッスンTOPへ戻る

スポンサーリンク